新郎新婦

結婚式を盛大に行ないましょう|晴れ姿は一生の思い出

早めの準備が必要

お知らせ

お気に入りを作製

結婚式の日取りが決定すると招待客へ招待状を発送する必要が出てきます。招待状は遅くても2か月前までには発送するのがマナーです。招待客の日程の調整や準備などに必要な時間があるからです。また、返信期間もある程度必要とし、返信後に席次表を作るなどそれ以外の準備も発生するためです。招待状は結婚式で依頼をしても可能であり、豊富なデザインから自分たちにあったアイテムを選択することができます。また、こだわりを出したい場合には手作りもおすすめです。招待状専用のキットなども販売されているため個人でも気軽に作製することができます。結婚式のプロローグともなる招待状は招待客への第一印象を左右するものでもあるため素敵なアイテムを選択しましょう。

豊富なデザインから選択

結婚式のスタートともいえる招待状の作製はさまざまな方法があります。結婚式場でも多くの種類を取り揃えているところもあるため、その中からお気に入りのアイテムを選択してもよいでしょう。また、オリジナリティを出したいや費用面を抑えたいなどの希望がある場合には、自分で作製したり、外部に依頼してもよいでしょう。式場以外のアイテムを選択することで、デザインの幅も広がり自分たちの思い通りの招待状を作製することができます。また、結婚式のコンセプトや自分たちの思いを込めることも可能なためお勧めです。それに加えて、手作りなどで作製する場合には大幅に費用面を抑えることも可能です。時間にゆとりがある場合には手作りという方法もおすすめです。