ウェディング

結婚式を盛大に行ないましょう|晴れ姿は一生の思い出

結婚式は格安で

新郎新婦

少ない予算で結婚式を挙げたいならば、格安結婚式という手があります。料理やドレスにかかる費用を節約することで、低予算の結婚式を実現できます。1つ注意しなければならないのが、予算を少なくしたために、式全体が安っぽくみえないようにすることです。

もっと読む

お祝いを伝えるもの

電報

電報は最近はあまり見かけなくなりましたが、結婚式などのお祝いの場面ではむしろよく見かけます。電報の種類も増え、たくさんの選択肢の中から、選ぶことができます。新郎新婦の好きなキャラクターのものなどを選べば、気持ちを送るだけでなくプレゼントとして贈ることもできます。

もっと読む

早めの準備が必要

お知らせ

結婚式の準備のはじめとして、招待状の発送があります。招待客に失礼のないように、遅くても2か月前には送付する必要があります。作製方法は結婚式に依頼する方法や手作りする方法などさまざまです。自分たちのニーズに合わせて選択しましょう。

もっと読む

理想のウェディング

結婚

沖縄で行う結婚式の特徴はいくつかあります。参加人数が200人や300人と多いことが平均的で、500人を超えることもあります。遠い親戚や同級生など近い関係でなくても参加します。一方で会費制のパーティーが多いため祝儀制とは少し異なります。そして、沖縄の結婚式では余興に大変力を入れており、琉球舞踊などが披露されます。カチャーシーを新郎新婦みんなで踊ることが一般的です。一方で沖縄ではリゾートウェディングを行う人がいます。青い海や白い砂浜で、ビーチでの結婚式やビーチでの前撮りをすることができ、沖縄の人だけでなくほかの地域から訪れる新郎新婦にも人気です。手軽にリゾート気分が味わえるとして、結婚式の地に選ばれています。

沖縄の結婚式は規模が大きなものが多いながらも、今後はニーズの多様化によって細分化していくと考えられます。一方で、リゾートウェディングの地としては多くの人により選ばれるようになっていきます。リゾートウェディングではビーチでの前撮りが可能であり、また年中あたたかい気候である点も支持される理由です。さらに、日本国内であるため言葉の問題や時差などの心配がいらず、年配のゲストでも訪れやすい土地となっています。忙しい人でも沖縄ならば会社を長く休まなくても参列できることも魅力の一つです。そして、チャーチでの教会式だけではなく、ビーチやガーデンでの人前式やレストランウェディングなどそのあり方も多様化していくと思われます。沖縄での結婚式は、このように多くの選択肢があるため、新郎新婦の理想に近い結婚式を挙行することができるでしょう。